公務員試験短期合格を狙うなら、ヴィッセン公務員予備校

裏ワザ・マニュアル

裏ワザ・マニュアル

不況の時こそ、公務員!
と、言われます。

今の時代、どんな大きな会社でも、将来のことはわかりません。

まして、これだけ不安定で不景気な時代です。

しかし、そんな不安定で不景気な時代でも、唯一、安定した職業があります。

それは「公務員」です。

ほとんど一生の身分を保障され、退職金まで確実にもらえ、よほどのことがない限り、職を奪われることはありません!
(よほどのことがあっても、大丈夫かも?)

あなたも、公務員を目指してみませんか?

公務員になるためには、学歴は必要ありません。

年齢さえ要件を満たせば、誰でもなれるのです。
(しかも、年齢要件も拡大傾向に!)

「でも、公務員になるためには試験があるのでは?」

「試験」という言葉を聞くだけで「自分にはムリ!ムリ!」と、チャレンジをあきらめる人がなんと多いことか!

しかし、政府が、公務員試験の門戸を広くしたのはご存知ですか?

いまは、30代の方でも受験できるようになったのです!

そして、その公務員試験に合格するための裏ワザがあるとしたら?

ほとんど知識を使わずに、問題を解く秘策があるとしたら?

そして、
その裏ワザだけで、公務員試験に合格した人がたくさんいるとしたら?


私は、公務員受験を専門に教えているヴィッセン公務員予備校代表の松元喜代春といいます。

20年以上、公務員試験の受験生を指導してきて、多数の合格者を輩出してきました。

多くの合格者を出せば出すほど、彼らの紹介で、いろいろな人が私のもとにやって来ます。

そして、私は、いままでどんな人でも、入塾希望者を一人たりとも断ったことがありません。

「今年で○年目です。
 まだ合格できません。
 どうしたらいいでしょうか!」

「まったく勉強していません。
 試験まで時間ももうあまりないんですが、
 どうしても合格したいんです!」

そうした人たちをむげに断ることはなかなかできませんでした。

 
しかし、だからといって無責任に、安易に、彼らを引き受けたわけではありません。

実は、本番まで時間がない、というときでも、 超短期間で合格できるテクニック
を彼らに教えたのです。

これは、実際私が受験生のときに自分で開発して実践したもので、その有効性はすでに確認済みです。(このテクニックで、いくつもの試験に合格することができました)
 

それは、いわば

裏ワザ
といったものです。

もちろん、正攻法の勉強方法をまったく否定するわけではありません。

 
しかし、時間がないという人たちに、合格まで数ヶ月かかる正攻法の勉強方法を教えて何になるでしょう。

目の前で困っている受験生に、「あきらめなさい」と他人事のように突き放すことは、どうしてもできませんでした。

そのときに、私が使っていた裏ワザ・テクニックのことを思い出したのです。

 
そして、それを彼らに教えていったのです。

結果、彼らは合格していきました。  

 
そのときに、思いました。

そうした、勉強方法がわからず、時間が足らず、涙を飲まなくてはならない受験生たちが、ほかにもたくさんいるかもしれない…

私は決心しました。

「この裏ワザを公開しよう!」と


公務員試験の教養試験は「知識分野」と「知能分野」の2つに分かれます。

その「知能分野」のうち数的処理といわれる分野は、ほとんど数学に似ていますが、高等数学の知識はあまり使わず、中学レベルのものでほとんど解けてしまいます。

ですから、割と短期間で数的処理の分野はマスターすることができます。

パターンと解法とちょっとしたコツを身に付ければかなり短期間でマスターできるでしょう。

しかし、もう一つの分野である「知識分野」は、文字通り、知識を問われる分野で、しかも、(科目選択制を採っているところもありますが)範囲が広く、科目数も多いのが現状です。

この分野をマスターするには、かなりの時間と労力が必要になってくるのですが、そのわりに点数には結び付かない、という「労多くして効少なし」といった、やっかいな分野なのです。

また、知能分野のなかの文章理解という分野も、得意な人はそれほど苦にはしていませんが、苦手な人は、練習をしてもなかなか点数が伸びない、という分野です。

そこで、知識が求められる「知識分野」で、ほとんど知識を使わずに点数を伸ばす方法を、裏ワザとして、いくつかご紹介します。

さらに、「文章理解」についても、苦手意識を克服できるような考え方をお教えしています。

シークレット・スキルとは、
そうした知識をほとんど使わずに
正解の肢にたどり着く裏ワザのことです。

よって、このやり方に習熟すれば、問題を解いていくのが楽しくなってくるかもしれません。 

もちろん、知識をほとんど使わないといっても、受験知識をまったく否定するわけではありませんので、受験知識をインプットしたうえで、この裏ワザをさらに身に付ければ、まさに鬼に金棒でしょう。

公務員試験の一次試験は、五肢択一です。

どんなに勉強して、3つの肢を消して残り2つの肢まで絞ることができたとしても、その2つに絞った段階で、最後に間違えてしまえば、当然のことながら不正解です。
0点です。

「惜しかったですね、2つにまで絞れたから、半分の点をあげましょう」ということはありませんよね。

つまり、五肢択一の試験は、肢を絞っていく、ただの知識だけでは不十分で、肢を見極めるテクニックなるものも要求されてくるのです。

 
問題作成者は、みなさんに点数をあげるために問題を作っているのではありません。
 
むしろ、間違えさせるために作っているわけです。

 
そうすると、当然のことですが、間違えやすい肢をわざと置いたり、ひっかけをつくったり、正解の肢がわからないように問題を作るということになります。

 
素直に実直に勉強している人ほど、そういうひっかけにひっかかってしまうでしょう。
 
それを見分ける目を養わないといけません。

シークレット・スキルの裏ワザとは、その問題作成者の心理を逆利用し、肢を見分ける目を養成しようとするものなのです。

この裏ワザ、シークレット・スキルを、当校に直接通学できない受験生の方に
お伝えしようと思います。



では、その裏ワザテクニックの内容の一部をお見せしましょう。

 はじめに   
 シークレット・スキルとは  

 1:シークレット・スキルについて
 2:裏ワザ 屐○を○○」の本当の意味とは?
 3:裏ワザ◆,覆次△海海蓮○○ないのか?
 4:裏ワザ ○○○○○○○○○○○は疑わしい
 5:裏ワザぁ,覆次○○○がある?
 6:裏ワザァ ○は目立つ
 7:裏ワザΑ。海聴幣紊痢○○がある場合
 8:裏ワザА ○○○に要注意
 9:裏ワザ─ ○的な肢(文章理解)
 10:裏ワザ 主張は、○○○にはない
 11:裏ワザ ○○を○○ような肢は正解ではない
 12:裏ワザのまとめ

掘ー太鎹藹  

   1:実戦演習の意義
   2:実戦演習問題


さらに、特別限定特典として、2次試験面接対策の「面接の極意」も付け加えます。
 (通常、面接講座の受講料は98,000円必要です)

検〔明椶龍飽奸

   1:面接対策本について
   2:面接とは何か
   3:「○○・○○・○○」一直線の法則
   4:○○○、○○○、あくまで○○○
   5:無数にある質問に対応するには?
   6:自己PRについて
   7:面接の極意のまとめ


さらに、いまなら面接添削指導を私から直接1回受けることができるスペシャル特典がつきます。


さらに、もう一つ、究極の特典もお付けしましょう
それは、あなたがしっかりと、このシークレットスキルをマスターできるまで、メール相談を無期限に受け付けるというものです。メールをいただければ、あなたの悩み・相談をすべて徹底的にお答えします。


ほとんど知識を使わずに、ハイスピードで公務員試験に合格するシークレット・スキルを伝授するマニュアル『公務員試験のシークレット・スキルSecret Skill10の裏ワザ』税込価格 15,900円

お申し込みはこちら

※各種クレジットカードが使えます。
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional